ページ最後の参照をお願い致します

















うしろすがたのしぐれてゆくか




















山頭火は、俳句において季語を無視し定型を壊し伝統に反逆した

いや、俳句だけでなく人生そのものも非定型でかたやぶりであった



大地主の家に生まれ早稲田大学文学科と言うエリートコースに乗り

ながら中退、後に妻子ある家庭を捨て、一笠一鉢の乞食に身をやつし

ただただ俳句をつくりつづけた




大正十三年の末のある日、熊本市の公会堂の前を走る路面電車の

行く手に、酒に酔って仁王立ちになり危ういところで一命は

とりとめたものの、大騒ぎとなった




山頭火はここで出家得度した! 法名は耕畝

翌三月、鹿本郡植木町の見取観音堂の堂守となっり山林独住の

生活に入った








が、それもそう長続きしなかった

大正十五年、山頭火は観音堂を捨て行乞の旅に出た

以来、山頭火は定住と漂泊の生活を何度も繰り返した




北は平泉から、南は鹿児島まで全国各地をさまよい歩いた

これほどまでに彼を旅に追い立てたものは何か

古井戸に身を投げた母への思いか、俳句への情熱か




行乞流転の日々をたった一行の俳句に託し生涯

果てしない旅を続けた

そして安住と放浪を繰り返しながら日頃から望んでいたように

好きな酒をしこたま飲み、昭和十五年十月十一日、満五十八歳で

コロリ往生をとげた



山頭火一日一句

石 寒太著より





小生が、この漂泊の俳人を知ったのは学生時代のことである

学校は、ヘルメットを被った学生が闊歩し学生會館は、大学

によりロックアウトされていた!

そんなものに何の興味も無かった、古本街をうろつき回り

古い山岳誌の遡行記録を求めてさ迷い歩いた




釣り人として、それらの険悪で困難な谷に足跡を残す

それが夢であった! 授業が無い時間はJAZZ喫茶に

入り浸っていた!



そんな時に、山頭火と言う俳人の事を知った

憧れた! これで釣り道具を持っていけば全国を歩けると




山頭火と比較対照されるのは、一茶だそうである

どちらも、死後その名が世間に知られた

つまり評価は後世の人々によってなされ、当人達は

そのような意識すらなかったようなのである!




ただ、生きたいように生き、作りたいように作り

死んでいった人達である

驚くべき事に彼らの俳句は一万以上あるそうである!




歩かない日はさみしい

飲まない日はさみしい

作らない日はもつとさみしい


山頭火




山頭火と酒は切っても切り離せない

酒が作り上げた人生なのか

酒が狂い酒となった人生なのか

判らないが、この人物の足跡を辿ってみたい



そして、山頭火が漂泊を始めると同時に亡くなった

自由律俳句史上の偉業を成し遂げた


尾崎放哉


も山頭火と同じく酒との繋がりでしか成立しない人生だった

この人の酒はまさしく凄絶と言う言葉しか当て嵌まらない



これらの俳人の生き方に共感を覚えるのは

小生だけなのだろうか





酔へばあさましく酔わねばさびしく









晴 釣 雨 読





お勧めサイト


endoyさんの酒と山頭火


小生が自信をもってお勧め致します
また尾崎放哉に興味のある方は
是非とも御訪問を!