うらたんざわ渓流釣場の御紹介(T)








裏丹沢釣り場の楽しみ方





道志川に沿って走るR413号の神の川入り口の看板を見て

斜めに左折すると神の川林道に入る神の川キャンプ場を過ぎると

赤い看板が見えてくる










裏丹の看板を見ながら林道を下ると右側が受付である

受付で少し話を聞きたければ受付先の林道が広くなっている

場所で駐車すると、他の車を先に行かせる事が出来る











うらたんざわの経営者の井上さんが受付で迎えてくれる

数日前からの渓流の状況などを聞けば気軽に答えてくれる

最近はパソコンに凝っているみたいだ!

受付を済まし、そのまま道を下ると下流の駐車場がある

傍には、男女用トイレが設置してある










渓流の約1・5キロの管理釣り場の最下流150mが

ヤマメクラシックTの完全リリースのフライ専用釣り場である

ここは、意外と入渓者が少ない事があり、ライズがあれば

かなり楽しめる、特に橋下の瀬は侮れない

かなりのやまめが、いるので浅い瀬を攻めてみて欲しい

楽しめると思う






ヤマメクラッシックT




初心者の方であれば、最下流のプールで練習をお勧めする

サカナはかなりリリースされており、楽しめると思う

サイトでも釣りが出来る










神の川に掛かる橋を渡れば、そこからは石で区切られた

約400メートルのフライ・テンカラ・ルアーエリアとなる

このエリアはかなりレギュレーションも緩やかであり

また、放流されている魚種も多く、ヤマメの尺物や60

オーバーのレインボーなどがいるから、釣りの方法論

はそれぞれにあるから楽しめると思う、また魚種が多いから

意識的に特定の魚種を狙うハンティングも面白いと思う













このフライ・テンカラ・ルアーエリアは釣り易いので

放流も多いが、特にヤマメを選択的に釣るのは難しい

見事に定位しているやまめは、40オーバーも見られるが

まず釣るのは至難の技で、それを承知で敢えて狙うのも面白い













釣れたさかなも10匹は持ち帰られるので

たまには、やまめの塩焼きで一杯なんて言うのも

良いと思う

やまめは本来、美味しいさかななのだから!













エリアの真中辺りに橋が架かっている

ここを渡って、さらに上流のヤマメクラッシックUに

向かう事になる

この橋での釣りは禁止されているので注意して欲しい












この橋から見える流れには60オーバーのレインボーが

放流されており、こいつとリールファイトを楽しむのも面白い

ともかくこのエリアは、初心者の方からベテランの方まで

色々な楽しみ方が出来るので面白い!




敢えて選択的にやまめを釣るなんて言う事は

釣りをマンネリ化させるのでなくて自分で

難しい状況を設定して釣りをする訳だから

まさしくゲームフィッシングと言うことになるから












丁度、エリアの下の方でルアーで釣りをしていた

少年に大物がヒット!

今、来たばかりで最初の獲物だと喜んでいた中学1年の少年

ホームページに乗せていいかと聞いたら了解してくれた

ルアーもこのクラスになると引きも半端じゃない

面白いと思う


橋を渡るとハウスがあり、なかにはリバーキーパーの

関戸さんがいる

釣りの用品の販売はもちろんであるが

飲料やカップヌードル、さらに電子レンジも設置してある

川の状況は関戸さんに聞けば問題ない










関戸さんは、本当に気を使って我々、訪問者を歓迎してくれる

サカナの状態、今日の入渓者が多いか少ないかなど

どんな事でも親切に教えてくれるので相談すると良い









フライも販売されている

さらに驚くのはハウスの外側にタイイングデスクまである

常連のMさんと言う方が設置されたとの事

缶ビールも販売されているから、ハウスの隣のデスクで

のんびり休憩も楽しい











ここに通う常連さんが何とタイイングデスクをこしらえた

道具、マテリアルなど一通り揃っているから

その気になれば、現地でもフライを巻けるのだ











常連さん達が置いていったものであるが

ここで、フライを巻ける











さらに幾つかのプールを越えると

そこから1kmの流がヤマメクラシックUとなる

入り口には下の看板が出ている

ここからは、完全C&Rエリア

インディケーター使用禁止

バーブレス限定

スプリットショット禁止

ドロッパー禁止

エッグ禁止



本格的な渓流釣りの醍醐味を味わえるエリアが始まる









































































2003年10月10日掲載



晴 釣 雨 読