遠い日々への憧憬














その憧れはいつ頃から自分のなかにあったんだろう

多分みんな同じような経過を辿って来たのではないのか

釣りの好きだった亡父に、頼みこんでようやく連れて

いってもらったヤマベ釣りや鮎釣り、子供の僕に

鮎釣りなど出来るわけもなく、大人たちが雑魚釣りと呼んだ

ヤマベを一人で夢中になって釣っていた

本を読む事が好きで、釣りが好きな一人遊びが好きな少年だった









父親の購入した釣り雑誌を何度も何度も繰り返し読み返し

果てない釣りへの憧れを増幅させていった

渓流にいると言う山女や岩魚をいつか釣りたいと

また、海の黒鯛と言う魚の見事な肢体の画像を

何度も何度も繰り返し眺めて、いつか釣りたいと憧れ続けた










そんな父親と釣りと言う時間を共有した

前日からの興奮で浅い眠りの起き抜けの僕に今も未明に浮かぶ

父親の姿を蘇えらせる

あの朝靄の中で父親の運転するバイクの後ろに乗った時間は

確かに存在した
















やがて父親との時間の共有は僕の成長と共に

無くなっていった

憧れ続けた渓流釣りは、源流釣りと言うその当時の先端的な

釣りをするようになり、実現した

資料を漁り、情報を確認し源流への彷徨の日々








だが、それを生業とする事はよしとしなかった

仕事にしたらつまらなくなってしまう

遊びであるからこそ、己のこだわりも是認される

遊びにこそ人間の本質が見える

人間の行為は全てが遊びを起点としている

でなければ仕事にあれほど夢中になれる訳があるまい







仕事の為、源流釣りが出来なくなり人が行く

一般渓流に行くようになったが、これ程、辛い釣りはなかった

それまで、他の釣り人などと交わって釣りをする事などなかったから





渓流釣りがいやになり、知り合いに海釣りを教わった

そこで黒鯛の落し込みを知った







今、僕のなかでなにかが変わろうとしているのだろうか

父親と共有した時間から常に熱中することで生きてきた

父親の熱中を越えて突き進んできた




心に刻まれた過去の知覚は変容しようとしているのか

であるならば、それはそれで仕方のないことかも知れない