悠々として急げ











2003年の4月から、作家開高健の茅ヶ崎の自宅が

亡くなられた奥様の牧羊子さんの遺言で茅ヶ崎市に寄贈されて

記念館として、一般に無料開放されている



芥川賞受賞作家としての作品はもちろんであるが、小生の

渓流の源流釣りの時代に、釣りを通して共鳴した作家であり

釣り師開高 健の釣りを描いた作品は、作品としても芸術作品

として高く評価されるものだと考えており、是非とも行きたかった




釣りの友人であり師匠でもあるSさんとAkioさんが同行して

くれると言う

小生は藤沢だから、茅ヶ崎までは目と鼻の間である

茅ヶ崎の駅に午前11時に待ち合わせた

開高健の家族のねむる円覚寺は改築中で1年は閉鎖されている









茅ヶ崎の駅から、良く知った国道134号の傍の記念館までは

直ぐに着いた

厭きれた!この近くを何度も行き来していたからである

こんな近い所に、開高 健の自宅があるとは思いもしなかった



着いた、その自宅は小生の想像より遥かにつましく

これがあの作家の自宅とは思えない

最初はそんな印象であった

だが、決して豪華ではないが、開高健の3人家族の住まいと

作家の為の書斎

それを考えればむしろ贅沢な作りと言えるかも知れない

最初にそこに考えがいってしまう我の低俗さを笑ってくれい!












建物の一階部分と書斎が公開されている

建物は明るく日が良く入る作りになっている
















受付の方にお聞きしたところ、茅ヶ崎市に寄贈されているので

ここで、受付などをしておられる方は茅ヶ崎市の職員だと言う

撮影は基本的には禁止らしいのだが、風景程度の撮り方は黙認のようである

ただし、著作に関する原稿等の撮影は駄目との事であった











多分居間に使用されていると思われた部屋に開高 健の作品と

愛用した小物が展示してある









開高 健がベトナム戦争に作家としての視点から書かれた作品群は

単なるレポの領域を超えて芸術作品の領域で評価されるべきと

思うのだが!

開高自身、ベトコンの攻撃で駐在した基地を夜中に逃げ出し

ジャングルをさ迷っており、よく生きていたものだと

小生などは感心すると同時にこの作家をわざわざ危険な

ベトナムまで行かせたものは、一体なんだったんだろうと

思わずにはいられない!





日本でプラトーンと言う映画が公開されたが

現地のアメリカ人の発音はパツ−ンと言うと書いてあった

それから、キューブリックのフルメタルジャケット(弾丸の種類)

は、結構評価していたなどと言う事などを思い出した







随所に展示してあるABUの釣り道具

ため息がでた















小生が一番興味があったのが書斎である

食事が済むと万年床の小部屋に潜り込むと書いてあった部屋が

突き当たりの小さな部屋である

そこに潜り込み、毎晩の読書と思索と混迷に浸った部屋である

これがその部屋なのかと開高 健の思索の原点をしみじみと見た



主の失った部屋はかなしい


デスクの上には、巨大なキングサーモンの剥製

後ろの壁にはこれまた信じられない大きさのルアーが展示してある

さらにピラーニャ、多分ピラルクーかマスキーと思われる巨大魚

圧倒された























悠々として急げ