錠 前 の 錆
























宴果てつちふる街に紛れけり







春雪の古城を訪ね馬車で行く







赤鼻のピエロ舗道に春の巴里







月おぼろ遠吠えなんぞしてみたき







春暁の 鬼籍の人と 遊ぶ 夢







野暮用と言いて日傘を廻しけり







もてなしを我にする日や閑古鳥














 乃 ぎ く  より









晴 釣 実 母