峠越え


源流釣りに要求される体力は、そうとうなものがある!今は怠惰な生活と運動不足と
肥満でみる影もないが、若い頃は体力だけは、人並みはずれて体力があった!


源流域に入渓する為には、下流から遡行するか、目指すポイントへ山越えで
入渓する方法がある。下流からの遡行は道がない場合 渓流を遡行する事に
なるので、重いアタックザックを背負っての それは辛いものになる。


山越えは、ルートを踏み跡を頼りに峠の鞍部に入り込めれば、後は下降を沢筋に
入らないように慎重に下降しなければならない。
辛いのは、ボサこきと呼ばれる薮を通り抜ける場合で体力勝負の世界である。


昔、こんなことを小生の尊敬するMさんに言われたことがあるのを忘れない。Kよ!
ボサこきでな!人が通る後の違いが分かるか
俺はなんとなくだが分かるんだよ!足にからまる薮の抵抗が違うんだよな!


この先輩は単独行で黒谷を攻めたり、白戸の洗戸沢などかなり厳しいエリアの
実績があり、さすがに説得力があった。










源流奇談(3)


源流あるいは渓流は、そこに暮らす人々にとって貴重な現金収入源なのである。
岩魚はもちろんであるが、春先の山菜!これも貴重である。一言で山菜取りと言うが
、これ程過酷な作業もないと思う。


急な斜面を山菜取りの人が行くのを見た事があるが、凄かった!斜面から体が見えた
と思うと消えて、次にとんでもない所にまた顔を出すので、驚かされる!


あの急峻な斜面を平気で移動してしまうのだ!採った山菜は、小屋がけをした場所で
茹でて、天日乾燥させる!これ程の重労働はないだろう。
何日も山に入り作業をするのであるが、とても人間技とは思えない!


源流釣りをしていた頃は、まず人に出会うのは、その程度でほとんど
釣人に会った事はない!小生の記憶でも一度だけである。


それは、新潟と群馬の県境を流れる切明上流部の魚野川である!
僕も驚いたが、相手も驚いた、しかもこの人物は一人でここまで来たのだ!
お互いに簡単な挨拶で別れてしまったが、本当に驚かされた!


渓流で夢中になっていると人の声が聞こえるのである!
ふと後ろを振り返ってもそこには、誰もいないのだ!だが、また聞こえるのである!
不思議とはっきりとした言葉ではなく、ざわめきのような声が聞こえるのである!
これもそのうち慣れてしまうのだ!


だから、魚野川で本当の人間に呼びかけられた時、びっくりして
しまったのである!山に暮らす人々を懐かしく思うようになった
あの山菜採りはまだやっているのだろうか?
山に暮らす  それは都会の人間には想像もつかない厳しい暮らしなのである!










源流奇談(2)


渓流と言うのは、人間だけでなく、そこに生きる物達にとっても
豊穣な恵みを齎してくれる場所なのであろう。源流に侵入するのに一番楽な進入方法は、
沢を詰めて稜線の鞍部を越えて進入する事が一番楽であるから、
そこに生きる物達も昼間は獣道を通るが夜は沢を移動する。


ここで断っておくが沢の遡行、下降は慣れない人には非常に危険な行為だと
言う点である。よくあるのが登山道の下降時に沢のガレ場と踏み跡を間違えて
沢を下ってしまい、滝に遭遇して動けなくなってしまう事である。


余程の下調べをしておくか、懸垂下降程度は出来ないと、してはいけない行為なのである。
だが渓流と言う水場の豊穣な場所は、そこに生きる物に貴重な食べ物を提供してくれる。
しかも、普段は食べる事の出来ないような食物を得る事が出来るのである。
それはわざわざ、こんな源流に良い匂いを運んでくる人間達の事である。


入渓初日の眠れない夜には、必ずツェルトの周りを徘徊する生き物たちの気配を感じた。
河原の石を移動する音や後ろのボサの中からの音だった。そんな時にいつも感じたのは、
逞しい生き物達の世界へ迷い込んだ脆弱な己の存在だった。










源流奇談(1)


ビバーク(野営)は、それを前提にする場合と緊急避難としてする場合がある。
小生は両方とも経験した。いづれの場合も設営の為の技術が要求されるのは、
当然である。


ビバークでは、いつもそうだったが、1日目は、小生はほとんど眠れないのである。
これは毎回の事だった。


設営が下手と言う訳ではない。選択する場所ツェルトの底を水平にする事、
下の地面から体温を吸い取られないように、鉈で切り取った草を綺麗に敷き詰めて
いるから寝心地は、悪くはない!だが初日は必ず寝れなかった!


まず渓流の瀬音がどんどんと耳に大きくなって来るのである、
昼間の間は気にもならないのだが、一人眠れずにいると瀬音が
不気味な音に変わるのだ!

ヒィーリングなどと言って心安らかになるCDなどが出ているようだが、
実際の山深い源流で真夜中に眠れずに聞く瀬音程、不気味なものはない!
これは実際に経験しないと、まずお判り頂けないと思うのだが!










孤独なる戴冠


岩魚が獰猛な性質で生き延びる為には、共食いもする事は書いたが、
岩魚と言うサカナにはどうも、我々の知らないとんでもない
生態を有している気がしてならない。


例えば、渓流の増水への対応であるが、なんと岩魚は石を飲み込み流されるのを
防ぐと言うのである。
これはなどはちょっと信じがたい、実際は、サカナは流れのヘチに避難するのである。


滝などが増水で水没すればヘチを通って簡単に滝の上に行けるので増水は
移動のチャンスなのである。


それから有名な話であるが、岩魚は山越えをすると言うやつである!
これも信じ難いが、およそ爬虫類みたいなヤツだから、ぬめぬめとした
魚体をくねらせて、登って行くのかも知れない


小生はもっと強烈な体験をした。
夕食用の岩魚をさばいていた時であるが、かなり大きい魚体であったが、
胃袋から尻尾が見えて


引っ張り出すと、小さな鼠のようであった!これには驚いた、
岩魚が蛇を食うとか言うが、実際に小動物を食べていたのである!


これは、何だか判らなかったが、村田久さんのイーハトーブ釣り
倶楽部と言う本で知ったのだが、川ねずみと言う生物で、その詳しい生態も
判っていないらしい。










山女憧憬


岩魚が低水温の上流部に生息するのに、対してヤマメは里川に生息し、
比較的水温の高さにも適応している。季節に応じて本流と
支流の沢を移動しているようだ!


鬼怒川水系のT川や、K川で確認している。この地域では、ヤマメをヤモと呼ぶ、
さらに福島のO川や、新潟でも確認している。


源流釣りからヤマメ釣りを楽しむようになったが、中々、大型は釣れなかった
 ヤマメが里川を生息圏にしており、アプローチもそれ程、厳しくない。
それ故に、常に釣人の脅威にさらされているし、釣られてしまう事が
多いので大物には中々出会えなかった


さらにその動きは俊敏で、釣りは難しいし、その綺麗な姿態は釣人を魅了してやまない。


フライなら尚の事,難しい釣りとなるから、皆が憧れるサカナと
なっているのであろう!小生には岩魚が爬虫類的な感覚がするような気がするが、
やはり山女魚の釣りは難しいだけに面白い


下の一連の画像は、小生の餌釣り時代のもので、F.F.での
ものではありません。
なにしろ、F.F.はヘボですので釣れませんので!










岩魚考剽窃


岩魚と言うのは不思議なサカナである!少し前まで養殖すら出来なかった魚種である。
岩魚と書くように、渓流の岩に定位して行動範囲を魚体の大きさの順番で確保する。


当然の事、源流でポイントに入ると型の大きい順に釣れてくるのである。
餌釣りの話だが源流を釣り上がる場合、釣人は交互に釣り上がる事になるから、
良いポイントに当たるかは、運も大きくあるのだ!


不思議なのは、岩魚は川のゴミ、幾らでも湧いてくると言われるほどに、
人を恐れない源流域の岩魚達である。
もっとも過酷な自然環境で生息して、餌を確保する為には共食いも辞さないと
言われるサカナが、どうしてこうも簡単に釣れてしまうのだろうと言う事なのである!


 餌釣りの場合は、合わせは送り込みである!
目印の前当りが出ると、竿先を30センチほど送り込むのだ!

1度、失敗しても何度でも食いついてくるから、
このサカナは馬鹿なんじゃないかと思ってしまう!


ところが関東近辺の渓流で、岩魚を釣ろうとすると結構難しいのだ!
これはサカナの学習能力の所為なのかだろうか?


この岩魚達の行動の落差はどこから来るのだろうか?
学習能力と言う言葉では説明がつかないと思うのだが!









源流 界 無残


今では、どうなっているのか判らない、叉知りたいとも思わない
それは容易に、現状がどうなっているか想像がつくからである


小生が、あっちこっちの源流を仲間と彷徨していた頃は、
釣れなくなったと言っても、今からは想像もつかない程、釣れたのである。 
例えば、利根川の最源流などは、ダムが出来てしまい、シッケガマイシと
呼ばれる場所など、岩魚が釣れないと言われて行こうと言う気までしなかった。


それでも当時は、源流地域は、到達するのに苦労はしたが、人を
知らない岩魚が面白いように釣れた!桝形などは、一竿は苦労したが、
餌がなくなり、終いには目印のビニールを針に付けても釣れたと言うのだから、呆れた。


人を恐れない岩魚は、純真無垢で簡単に面白いように釣れた!
仕掛けなどは、1号通しで充分であった


一人、1日15匹と言う制限を設けてあったが、すぐに釣れてしまった。
いくら食料と言え、この源流帯の釣りは、続けると小生には、心に傷が付き始める!


貴重な食料であるから、釣れるとその場で岩魚を絞めるのだが、
方法は岩魚を、傍らの岩などに叩きつけるのである。
そのまま、活かした状態で魚篭に入れると、朝に釣った岩魚の鮮度が落ちてしまうからである。


この人を知らない純真無垢な岩魚を絞め続けると、段々に心が悲鳴をあげ始める


一言で表現すれば、殺戮の世界だった気もする。
そうして思い始める。もういい、充分に楽しんだ! 僕にとっては、この世界は
充分に楽しんだ! 他人はどうあれ、自分は充分に楽しんだ


この世界は、そっとしておこう、他人はどうでもいい、自分は充分に楽しんだ! 


もういい!! 充分に楽しんだ! ありがとう源流帯の岩魚達よ
僕は、そう思ってから、源流釣行を辞めたのだ。










大岩魚の世界


黒又で仕留めた52cmと47cmの岩魚は、アメマスと呼ばれる岩魚である!
この種は、環境さえ与えられれば、成長は驚くばかりにする。
特に東北から北海道にかけて生息するアメマスは降海性を有し、海で飛躍的に大きくなる!


この当時、日本の高度成長の為の電力確保の為に各地の大渓流に馬鹿でかいダムが
造成されたのである!それまで狭いエリアに生息していたアメマスが広範囲に餌を
確保出来るダムと言う湖が忽然とできたので、さらに成長する機会を与えられたのである!


しかも、それまでこれらの大物を釣り上げるには、よほどのチャンスでもなければ、無理であった
そこへ、ルアーと言う釣り方が日本で始まり、トローリングなどで釣れたり、
銀山湖の流れ込みなどで釣れる事が判り一般に釣法がひろまったのである


このアメマスは降海性の為、かなり大きく移動するようである
特に産卵に向けての上流の移動は凄まじいものがある
一般には魚止めの滝などと呼ばれる滝などで、数mの落差などの滝なら簡単に乗り越えてしまう!


しかも、どうも集団で移動するような気がする!その凄まじい行動力が
我々の行動と幸運にもマッチすれば、どうなるか御理解頂けると思う


アメマスはどの程度まで大きくなるのか検討もつかない!例えば
山形の大鳥池の滝太郎などは、アメマスであろうと言われている
生息条件が良ければ、70〜80cmもいておかしくないし、事実いる









植野稔の世界


植野稔さんは、小生より5歳年上になる。この釣り人の出現は衝撃的だった。
当時の源流釣りの世界に単独釣行を主として行う方法論は、
その遡行記録を読んで愕然としたものである


何とあの三面川の完全遡行を単独で成し遂げたのである!
飽きれた。まさか単独行でやるとは思わなかった!


単独行と言えば、あの単独登山家の加藤文太郎が有名である。
植野さんは、やはり白石さんと同じ山屋くずれで、渓流釣りに転向
した釣り人である。しかも加藤文太郎に憧れて単独行をやるようになったようである


いつの時代も革新的な人物が登場するものである!
それは山屋としての高い技術に裏打ちされたものであり、中途半端な技術では
決して遂行出来ない行為なのである!


それまでの、ベースキャンプ方式を単独行方式に変えて、三面の
源流を完全遡行したのである。


小生の到達し得ない世界に踏み入った、青春の憧れの人物である









黒叉川追想(2)


赤柴沢の出合いの流れは意外と平凡であり、水量も少なかった!
しかも出合い近辺の黒又本流は見事にサカナがいなかった!


だが自然は我々を裏切らなかった! 翌日の素晴らしい天候の中を、
一竿と赤柴沢の遡行を開始した!階段状の岩の間を流れる流れは素晴らしかった、
直ぐに魚止めの滝が見える地点に着いてしまった!


その滝の手前のポイントで竿を出していた一竿が悲鳴をあげた!
慌てて、一竿の所に飛んでいった!竿先が折れたと言うではないか!
いるよ!いるよ!と叫んでいる!
小生は大きな岩に飛び乗りポイントを覗き込んだ!


信じられなかった!こんな光景は今まで見た事がなかった!
淵には、漆黒の砲弾が何十匹と、悠々と泳いでいた!一竿のロッドを
折った事などまるで意に介しないと言うかの如く泳いでいた!
震える手で竿を出し、仕掛けを投入した! 
直ぐに強烈な引き込みがロッドにきた!ひたすらロッドをただ抱きしめた!


そいつは、フッキングしているにも係わらず、悠々と泳いでいるのである!
しかも慌てる様子もなく、悠然と右、左と泳いでいた
とてもではないが、こいつを取り込む事など出来ないと思えた!


だが、また天が味方した!そいつは何と通常なら深いポイントに
走るのだが、浅瀬に向けて泳ぎだしたのだ!
慌てて浅瀬に向かって移動した!


網など役に立たないから、その大岩魚を抱きかかえるようにして取り込んだ!
そのでかさに飽きれた!かっと開いた口には一竿の仕掛けの針が付いていた!
そいつは一竿の竿先からの仕掛けを引きづったまま、小生の針も飲み込んだのだ!浅場
へ移動して取り込んだのでポイントは荒らしていない、一竿に向かって叫んだ!


まだ釣れるぞ!と叫びながら一竿に小生のロッドを手渡した!
奇跡はまたおこった!なんと、そのロッドにまた岩魚がとび付いた
一竿は切られるのを恐れて、自らポイントに飛び込み、竿が伸されるのを回避しようとした!
まさしく正しい選択であった!


河原に2本の岩魚が並んだ!52cmと47cmの2本である!
二人で河原で雄たけびを叫んだ!やった!遂に狙いが的中したのだ!


我々はそこで釣りを中止した!滝上もかなり釣れる事も予想されたが、
それ以上望む物はなかった!明日また釣ろうと言う気もしなかった!


  自然の界にこれ以上用はなかった!


  追われるように、我々は界を離れたのである!










黒叉川追想(1)


福島県と新潟県にまたがる広大な水系が只見水系である。
銀山湖と北側の田子倉湖の左側に黒又川がある。
地図を見て頂ければお判り頂けると思うが、ここに未丈が岳に突き上げる赤柴沢と言う
大支流がある。


5万分の一を見たとき、地図から見えてくるものがあった!
この支流に入渓するには、下流からは黒又川第2ダムを巻いて上流へ向かうか!
小出と銀山湖を通る林道の枝折峠から下るしか手がない!


地図を何度も何度も、確認したが、どうしても行きたかった!
絶対に釣れると思った!あいぼうの一竿風月に相談すると、行く事に賛同してくれた!


それまで、岩魚は精々40センチがこの手の源流では、最高と思っていた!
事実それまで、白戸川の38センチが最高であった!


黒又川に絡む道を何時間もかけて、下るのは辛かった!しかもそ
の黒又の凄まじい本流は、あまりの激流でただ息をのむばかりで
あった。


だが桃源郷は存在した!今はどうなっているか知らないが、
赤柴沢魚止めの滝でそいつらに出会った!
信じられなかった!生涯忘れないで、あろう光景を目にした。
何本もの漆黒の影が水中を悠々と泳いでいたのだ!


だが、それは間違いのない事実なのだ!
先行していた一竿が竿を折り悲鳴を上げた!続いて小生が仕留めた!
夢の実現!それはあまりにも、強烈な体験であり、今も目に焼き付いている!源流釣り師の夢!


たしかに存在したのだ!


画像修整 Akioさん









白石勝彦さんとの彷徨


最初に白石さんに会ったのは、小生が大学の2年の時だった。
眼光鋭いその人は、大学院で哲学を学んでいた。貧相な部室で先輩
から紹介してもらった!何とあの新潟と山形に跨る八久和の遡行
をやってのけたと言う!


それまで、学釣連のどの大学も失敗した八久和である!呆れた!
それから、白石さんがロッククライマーで北アルプスなどに行っていたが、
心臓の手術をして、クライマーを断念した事などを教えてくれた!
しかも白石さん自身が50mの滑落を経験している


白石さんが入部した事で、我々の釣研は飛躍的にレベルを上げる
事になった!なんと皇居のお堀の石垣でクライミングの練習、
ザイルの扱い方、ザイル1本での懸垂下降などを習った!


当時、白石さんは、もうすでに釣りマガジンに釣行記を発表しており
我々は、編集長の佐々木さんとも知り合いになっていた。
それまで岩魚の尺物で騒いでいたレベルから大岩魚を釣り上げる事を
目標にするレベルまでいき、40では満足出来なかった


50オーバーの岩魚を釣る事!それが目標であった。やがて、
それは自分自身で実現させたのではあるが!


ある日、白石さんがKよ!紹介したい人物がいるからと言う!
そこで白石さんの後をついて御茶ノ水を歩いた!


そこで会ったのは、西山徹と言う人物で八重歯が印象的な爽やかな青年であった。
まだフライフィシングと言う釣りは日本ではメジャーな釣りではなかった!
西山さんもルアーフィシングをやっていた。ルアーフィッシングが日本で注目を浴び始めた頃である


小生も、源流釣行しか興味がなかった!先輩にはフライを始めて
いた人もいたが、この釣りは日本では普及しないと思っていた!










大アマゴの世界 逆河内


多分、小生は2度とこの地を踏む事はないであろう!
ここは、選ばれた者しか入れない!


大井川を金谷から川根寸又峡線で遡ると寸又峡から大井川は、
大支流の寸又川に分岐する5万分の1なら地図を見てお判り頂けると思う!
20万分の1でも御理解頂けると思うので、もし大アマゴを釣りたい方はご覧になるといいと思う!


寸又峡を基点として、今はどうなっているのか知らないが、寸又
川に沿って、何時の頃のものか判らないが、多分トロッコの廃線
を上流に向かって、ひたすら歩くのである


前述したように、アプローチは長く忍耐を要求される、1度雨が
降れば、1週間はベースキャンプに停滞する事になる


小生が冒頭に述べたのは、この事である!
数少ないチャンスと源流釣りの力量を備えた者のみが入渓出来るからである!


停滞は辛かった!ただひたすらベースで水量の減るのを待つのである!


白石勝彦さんに聞いたのだが、フライフィッシャーのK.I.氏も
白石さんと何とこのエリアに入渓した事があるそうである!


逆河内! この名前は、小生には懐かしく、辛い思い出の渓なのである!


掲載してある画像は、Akioさんに修正して頂きました









胎内幻想


新潟、山形、福島に跨る飯豊山系は、広大な流域を擁し、飯豊
山を頂点として、登山で有名である。高度は東北の山であるから
せいぜい2,000m程度である!


しかし、ここの谷の峻険さは、凄まじく所謂、渓流釣りの対象
ではないと言われた もちろん釣り人が入らない訳ではないのだが
大抵、下流で止めてしまうし、釣れるから源流部に入渓する
必要もなかったのだろう!


また行こうとしても、そう簡単に
入渓出来る谷ではなかった。登山道の簡単さと谷の厳しさが
そぐわないエリアであった


この谷でも、新潟県側の新発田から入渓する胎内川ダンゴ河原
は小生には、一生忘れないであろう渓谷であろう
何故、このように呼ばれるのかは、判らない!


入渓の苦労とその苦労に見合う釣果をもたらしてくれた、思い出の渓谷である。
人間を知らない無垢な岩魚達が迎えてくれた
通常、このような渓谷は、渓谷が厳しすぎて、岩魚が大きくなれないか、
数が多すぎて大物が釣れない場合が多いのだ


ところが、その厳しい峻険な谷の中に、唐突にひょっこりと
開けた河原が出現するのである まさしく自然が作り出す不思議な光景がそこにあった。
渓谷とは不思議な場所である!
マタギ達が、神の領域として侵入する為に祈りを捧げるような場所なのである!


釣りをしていると、常に摩訶不思議な感覚に襲われたものである
だから、夜の焚き火、これは救いであった!ただ、体を温め食事の用意をする
為のものでなく、人間が火を扱う存在である事を意識させてくれ、
安息と安堵をもたらしてくれるからである


焚き火の本質を知っている釣り人も少なくなってしまったようである








破間追想



只見線は、新潟の小出と福島の会津若松の間を走っている
黒又と銀山の峠を走るので素晴らしい景色が旅行者を癒し
 てくれる!

 この只見線は、小生が源流釣行している頃は、新潟側は
 大白川までしか行けず終点となっていた 福島側は只見
 までで終点だった

 この新潟県側に守門岳と浅草岳の間に破間川と言う渓流が
 あり、釣倶楽部の新人はここで岩魚釣りを練習したのだ!
 今は、只見線も全線開通し、道路も出来てしまい、おまけ
 に国民宿舎も出来てしまい、メジャーな観光地になってし
 まった

 当時は、ひなびた山間の小さな村で、音松と言う山小屋に
 素泊まりで釣りをした。ここは浅草岳の登山の為の小屋で
 もあり、春スキーのベースとなっていた!スキーヤーは雪
 渓を板を担いで登っていった

 丁度雪代の出る頃で、大抵釣りは午前中だけしか出来ず
 午後は、凄まじい雪代が流れた

 村杉、白崩れ、五味沢、今でも沢の名前を覚えている
 生まれて初めて、岩魚を村杉で釣った
 八寸の岩魚だったが、それまで釣りの本を読んでは何時
 かと思い続けた岩魚だった

 さらに、ここで小生はトンでもない目に遭遇している!
 夢中になり過ぎ、先輩を追い越し、スノーブリッジに
 落ちたのだ! たまたま落ちた所が岩もない平らな河原
 に落ちたので怪我ひとつせずに済んだ!
 先輩が慌てたのは言うまでもない

 あの頃から、熱中すると廻りが見えなくなってしまうのは
 変わっていない!









魚野川称揚


餌釣りの渓流釣りの経験は相当あると思うのだが
 印象に残る渓流が幾つかある。
 長野県と群馬県境にある野反湖を起点として山越え
 で入渓した魚野川も、そのひとつである!

 アルバムを見ると、1971年と記されている!
 当時でも、渓流の釣り人は多く、相当に困難な想い
 をしなければ、良い結果は得られなかった!

 苦労して山越えをして、さらに遡行は厳しくと言う
 ようなエリアばかりだった

 だからこの渓流のイメージが良いものとして残って
 いるのかも知れない!

 ゴルジュ帯のない明るく開けた渓流、水清くして
 緑に輝いた流れがそこにあった!

 滝下の淵には、悠々と泳ぐ岩魚達がそこにいた!
 河原は明るく開け、綺麗な卵形の石が敷き詰めら
 れていた!

 実は、釣果はあまり良くなかった!しかしながら
 その明るい渓流は、決して忘れないであろう渓流
 である!

 人の心に残るような渓流は、多く釣れたそれでは
 ない! 琴線に触れるような渓流は理由が違うよ
 うな気がするのだが!









釣り師 開高健


小生が、釣り師として開高 健を知ったのは確か
 大学生のときだったと記憶している。

 旅と言う月刊誌にエッセイとしてルアーの釣りを
 紹介していた!記憶では日光の湯の湖?だと思っ
 たが、寒中に何時間もかけて釣り上げた大物のレ
 インボーの魚拓が掲載されていたと思う
 
 当時、小生は源流釣行にのめり込んで、日本を
 さ迷っていた! 源流釣行の為に体を鍛えオフに
 は山登りをしていた。体力は相当に自信があった
 秩父の三峰口から荒川の支流の大洞川まで徹夜で
 歩いた事もある。平気だった!若かった

 開高 健は、パニックと言う作品で衝撃的に文壇
 にデビューした作家である!自然のなかの漠とし
 て知れない不安を見事に描いた作品である

 しかし、20歳そこそこの若輩者は、開高 健の
 体型を見て、あざ笑った!まともに釣りの出来る
 体型じゃないと! 
 
 今、その開高 健の体型だけは、そっくりのオヤ
 ジがここにいる








海よ 巨大な怪物よ


旅に出ていないとき、国内にいる時の私の生活は、特に近年
その傾性を深める一途であるが、まるで隠者のそれである

一室にたれこめたきりで一日を何となくウヤムヤにすごし
早い夕食を食べるとそそくさと万年床にもぐりこみ、夜ふけ
にむっくり起き上がる

朝の四時から五時頃までが机に向かうが、たいていは前向き
にすわっても何もせず、よしなしごとに思いふけってときに
あやしう物狂おしくなる

スパイ小説を読んだり、いったことのない外国の釣りの本を
読んだり、「ナショナル・ジオグラフィック」誌を読んで一
頁ごとに感心したり

読むものがなくなると手と心をどこにおいてよいかわからな
ほどうろたえたり・・・・・

オーパ、オーパ アラスカ篇



ここには、まさしく正真正銘の釣り師がいる 釣り師は酒や
読書などで癒されない虚無をうっちゃる為に、いそいそと
釣りに出かけるのである!虚無をうっちゃるには、熱中しか
方法がない! 考えて見て欲しいのだが、あなたが釣りに行
き、7時間あるいは12時間をただひたすらに釣りをする!

その時間、貴方の脳裏にあるのは、人間の持つ基本の本能
狩猟本能のみに基づいて行動しているはずである!

家族の事、仕事、悩み、あるいは存在そのものを振り返る
余裕はないはずである!ここに無私の自分がいるのだ!
多分、大物を釣りたいとか数多く釣りたいと言う基本本能
に導かれて、気が付かずに無私の存在を体験しているのだ

残念な事に、釣りが終われば、また元の自分に戻ってしま
うから、人はまた釣りに出かけて行くのであろう

最後は何処へ行くかって? 渓流や海に佇み、持参した
ビールでも呑みながらそこにいる自分を味わう!

別にお酒である必要はない!当人が満足できる一杯の
coffeeだっていいじゃないか! 自然に身を置き廻りの
状況を楽しむ! そこで癒されるなら、釣りをする必要も
ないんじゃないか!









この悲しみは何ならむ


ちょっと昨日の書いた事で気になったので、調べてみた
奥さんの名前が、気になったのだ!
やはり、そうだった!洋子ではなく羊子である。

驚いた事に、羊子さんは亡くなられて3年になるとの
事だった!開高 健の お墓は、鎌倉の円覚寺にある
当然、羊子さんもそこに眠っているのだ!

開高 健には、1人娘さんがいた!いたと言うのは
娘さんは開高道子と言う名前で、作家として何冊かの
本を出版している。面白かったのは、父、開高 健
から学んだ事と言う本で、家族の事をほとんど
書かなかった、開高家の雰囲気が伝わり面白かった

残念ながら、94年に死亡している!なんと電車
に飛び込んで自殺してしまった!道子さんも円覚寺
に眠っている!

つまり、開高家は、もうなくなっているのである!

茅ヶ崎の海を愛した自宅は記念館となっている
藤沢から近いので、一度行きたいと思っている










青い月曜日


ブルーマンディー! 憂鬱な月曜日!サラリーマンの為の言葉!
開高 健の小説に、そのタイトルの小説がある!

好きな小説である!開高 健の青春時代の記録と言っても
いいと思う! そこには、我々の良く知った釣師はいない!
ただひたすらに赤貧のなかに生きる青年がそこにいる。

そして巡り会う女性の生き方に共感をおぼえる!

牧 洋子と言う名前だと思った!詩人である!

開高 健の奥さんである!