晴れの日には




フライの種類について

初心者の私にとって入門書、雑誌等でみるフライの種類には戸惑いを

覚えずにはいられません。一体、何種類のフライがあるのでしょうか?

フライフィッシングを趣味とされる方は、それぞれ「こだわり」を

お持ちでしょうから当然の事なのでしょうね!

あるフライショップで、樹脂でフライを成形したフライを見かけて、購入

した事があります。結果はイマヒトツという事でしたが

本物に似せるだけなら、一番良い結果が出るはずなのですが!

結局のところ、フライフィシングを趣味とされる方の

こだわりという事でわたしは納得させております。

私のこだわりは、里山の渓流でドライでヤマメ釣りを

ワンパターンのフライ「バイビジブル」となっております。

巻くのが簡単、フックが隠れる、フォルスで簡単に乾く

フロータントは常に施す必要がありますが。

またサイズと色はかなりのバリエーションを必要とします

それから、ポイントでフライをハサミでカットしたりします。

最近では、フライにアタックしてくるヤマメを見るだけでも

満足してしまう私です(ほんとうは釣れない!)




黒鯛の落とし込み釣り




木更津A堤、宮川丸の二番で渡船

中潮、上げ七分、絶好の釣り条件

一睡もしなくても体力はあった

読み通り42センチを一枚仕留めて

今日こそ、数釣りをしてやる!!

だが、後が続かない

その青年は10時過ぎの船でやってきた

周りの釣り人達が朝のジアイをそろそろ

あきらめかけた時間に

持ち物はロッドと取込み用のタモのみ

餌の種類も判らない

私が30歳代、その青年はどう見ても20歳前半

結局、その日7枚の黒鯛をその青年は仕留めた




もういい、これが俺の黒鯛釣りの限界だ

ここから先は、本物の黒鯛釣り師の世界だと