一 竿 風 月


いっかんふうげつと申します。晴釣の友人です。一竿もって風の吹くままに!


白石さんの本に出ているWとは私の事です
渓流釣りでは晴釣よりはうまいと自負しております。
晴釣のような不良とは違い本流釣りを楽しんでおります。

これからお書きいたしますのは晴釣が言う、我々が最も輝いていた時代
のことです、30年も前の事です。






イワナの界へ

黒又川赤柴沢への釣行の計画は晴釣が持ち込んできたものです

当時の我々は五万分の一の地図から林道のない開発されていない

空白の部分を必死になって探していたのです。

登山者としての遡行記録があったとしても、我々は釣り人しての

遡行記録を残したかったのです。

黒又川赤柴沢は、下流はダム湖、上流からしか入渓出来ない

独立河川のように広大な沢でした。

晴釣は上流部からの入渓を企てたのでした。

五万分の一の地図からそれは一目瞭然でした。

私も晴釣の計画に否応もなく同意しました。

上流部から入渓するためには銀山湖へ行く枝折峠のダオから

入渓するしか方法はありません。

30年前の夏の日に只見線の小出に我々は降り立ったのです。

ところが、現地でとんでもない情報を得たのです。

ダオからしか入渓出来ないと言う情報が現地で別の情報を得たのです。

それは、銀山湖の建設用の随道がシルバーラインとして

開放されたと言うものでした。

しかも、その情報をくれたトラックの運転者の方は

これから、そこを通ると言うのですから!

そのトラックに乗せてもらいシルバーラインのトンネルの切れ目から

黒又川の上流部に降り立ちました。

上流部の踏み跡は確かなもので我々は鼻歌まじりで一気に

赤柴沢を目指しました。

本流がそのまま滝になる地点を過ぎた辺りから

ふみ跡も途切れがちになり赤柴沢出会いまで約6時間を経過してしまいました。

出合いにビバーク用ツェルト設営して、夕食用のイワナを釣りに行きましたが

あまりの貧果に二人とも言葉もなく焚き火を見つめていたのを

昨日の事のように憶えています。



翌日、赤柴沢の釣行に出かけたのですが、相変わらず釣れず

今回の釣行は失敗だったのかなという思いがよぎりました。

最初の滝、魚止めの滝の手前の淵で、先行していた私は

淵のなかに潜水艦のように並ぶ7,8本の魚影でした。

震える手で仕掛を投入しましたが!!

なんと言う事でしょう!竿先が折れてしまったのです。

後から来た晴釣にいると告げると晴釣が岩の上から

仕掛けを投入し、かけた岩魚を浅瀬側にうまく導き

取り込みました。そして晴釣が、まだ釣れるぞと

晴釣の竿を渡してくれたのです。









51センチと47センチの二本

それで充分でした

翌日、また釣ればなどと言う気は全然ありませんでした。

我々は翌日追われるように岩魚の界を去ったのです。