蒼茫たる流れの果てへ 











釣り師は、心に傷があるから

釣りに行く

しかし、彼はそれを知らないでいる




林 房雄 緑の水平線





















オーパ、オーパ


アラスカ至上篇から


開高 健




このボートの無数といいたいひしめきあいを一瞥すると

君は競争の酷烈さをまざまざと見せつけられて

ヘタヘタとなることであろう

野外へいくこと、釣りにいくことが、手垢まみれの慣用語でいう

狂気の文明からの偉大な逃走であるならば

そして事実そのとうりなのだが、狂気の混沌から逃げ出したつもりが

ここでふたたびもっと露骨な狂気の沸騰に出会うこととなるのである













これはもうどうしようもない現代の特質なのであって

狂気からの逃走という観念そのものが、甘ちゃんの、ボクチャンの

発作的感傷にすぎないものであることを徹底的に

知覚させられるわけである















私は虚脱してすわりこむ

全身がふるえ、手がふるえ三十四時間の焦燥と緊迫と疲労は霧散した

一滴の光が獲得できた

瞬間は手にできた

虚無の充実で輝きわたる






開高 健





























































































































辛い遡行の連続、まだ春と呼ぶには程遠い渓流を

何の為に汗をたらして行くのか

報われることの少ないその行為に何の意味があるのか

高巻きの連続に怠惰な肉体は悲鳴をあげる





心が叫ぶ

もっと楽ができるところへ行こう こんな苦労はもうやめよう

フライフィッシングなんだから、もっと楽なところへ行きたいと






心の襞のどこかで何かが叫んでいる

それが生きることを強要する

逃げるな

自身からにげるな





どこに逃げても無駄だと

なぜなら逃げようとしているものは

己自身なのだから








それはどこに逃げようともついてくる

















晴 釣 雨 読




2004年 4月 10日