魚釣りの神髄は学ぶことにある。魚のことだけではない。自然やまわりの世界に

ついて学ぶ、それが釣りだ。

             トム・オライリー「コーンウォールの池のほとりで」



とっさのときに美しい行動がとれる人は普段の目立たないときでも、そのように

行動しているに違いない。私はホンモノの人間とはこういう人だと信じている

ホンモノの人間を作るのに、自然ほどいい場所はない。

                       西野喜代衛「源流の呼ぶ声」




ツヴァイクはそのような瞬間を「人類の星の時間」と呼んだ・・・・・・・

そんな天才達の星の時間とは比べようもないが、私にとって

昭和37年から47年にかけての10年間は、まさに自分自身の

人生の中でも最も重要な時期であった。
                       白石勝彦「大イワナの滝壷]




一尾の魚を釣る為に我を忘れて一生懸命になれる、夢中になれる

摩訶不思議な魅力を持った趣味である
                 奥山文弥「釣りがもっと楽しくなる本」




山歩きとか、山登りとか、渓流釣りという遊びの基本はソリテアー

(ひとり遊び)なのだとおもう
                  田渕義雄 「川からの手紙」




釣りするって旅することなんだな!
                 芦澤一洋 「故郷の川を探す旅」




私は失意の歌を歌うつもりはさらになく、止まり木に止まった

朝のオンドリのように、元気よく誇らかに歌う事にしたい
              H・D・ソロー「森の生活]




釣りという遊びは数を釣ることが楽しいものと。逆に難しくあっても

一発の大型に価値を見出すものに大別できると思う

それも、フライフィシングとなれば、はっきりいって難易度は高い
         白石健一 「大型トラウトのフライ戦略」




開高健は小説を書くときには本棚を隠すと言う、書毒

我も我も!!  明日はロッドをもって
                   晴釣雨毒







中大釣研渓流班